ポスターあれこれ

大判のポスターで色々な悩みがありますよね

大判印刷会社で、色々な印刷をしてみると各インクジェットを作っているメーカによって、色々な特性がありますよね。Canonのプリンターは私のお気に入りでいい感じなんですね。早いし奇麗なのが特徴です。私の場合は東京にあるネットショップに頼むのですけど、その日のうちに発送してくれて助かります。オリジナルのカレンダーを作ったときは、少しの枚数しかいらなかったので、とても重宝しました。イラストレータでデータを作って自分で撮った写真で12ヶ月分で12枚のカレンダーにして5枚程作り、友人に配りましたが結構好評で、来年も欲しいなんて言われてとても嬉しかったですね。仕事柄イベントの特大ポスターを印刷するのですが、やっぱり解像度等の問題でデータがもの凄く重たくなってしまいますが、1枚2枚プリントする大判印刷では何百枚もプリントするオフセットの印刷業者より安く済むのでインクジェットでプリントすることが多いです。 オフセット印刷では大量部数では一つあたりの単価が安くなりますけど。少部数ではかなり割高になってしましますから、しかしまぁイラレのバージョンも最新のもを使用すると、対応している会社も少なくなって結構苦労しますよね。バージョンを落とすとデザインが崩れたり、透明効果がおかしなことになってしまったりしますから。最新のソフトに対応している所を選ばないといけないです。 フォントに関してはアウトラインを撮っておけば問題はないですね、しかしアウトラインを取っていないデータも保存しておかなければ、修正をする時が大変です。私も一度アウトラインデータしか保存していなくて、文字修正の際全て打ち直したという悲しい経験があります。そこのところは是非注意してほしいです。

今日の気になる事

雨に濡れても大丈夫なポスターってありますよね。アレは紙が違うんですね。水に濡れても大丈夫なユポとかいう合成紙を使っているそうです。選挙ポスターとかでは定番らしいですね、まぁ私は屋内用しか使わないので、そういった紙は使った事がないですけど、色の再現とかは問題ないのですかね、一度、業者さんに聞いてみようと思います。しかし選挙になるとポスターを刷っている印刷屋さんはかなり忙しくなるのでしょうか、仕事がある事はうらやましい限りですね。まぁ今の政権は安定していそうですから、しばらくは国会の解散もなくて、そういう仕事も少なそうですけど、いったい、いくらくらいお金がかかるのか知りたいところです。ではではまた、今度の更新で合いましょう、バイバイ!