様々な活躍場所の大判ポスター

大判プリントはさまざな場所で活躍

大ロットの印刷には不向きですが、小ロットとなると大判プリンターの活躍場所です。一枚出すだけなら非常に安くすみ、コストパフォーマンスに非常に優れているのです。訳は大ロットのオフセット機等はまずは印刷用の原盤を作らないと行けません。この原盤というのが非常に効果になります。大量枚数ですと、非常に単価が安くなりますが。小ロットですと断然、原盤のいらない大判インクジェットの方が安くなるという仕組みです。 イベントの告知や写真展などにも多く使われており、インクのいろ数が多いのでオフセットよりも写真の表現性が高いという特徴もあります。またロール紙を使用するので横幅には制限がありますが。縦の長さは10メートル等かなり長い物も印刷出来、演劇等の背景のセット等に使用される事も多くあります。また飲食店のメニュー等も小ロットのオーダーが多いのでインクジェット機で出力をしてパウチラミネートをかけるというのが定番になっています。

出力値段とか

本当に様々な用途でつかえるので便利な大判インクジェット機ですが、値段が高価な事もあって個人で保有するのは現実的ではありません。ネット通販等では、用途に合った様々な機種や加工機を取り揃えている会社が多くありますので、是非とも利用してみるとよいでしょう。最近では値段もかなり安くなってきています。またポイント等も使える会社が多いので上手く利用すればさらにコストを抑える事が出来ると思います。